自衛隊ヘリに初搭乗

2022年6月20日

北海道では段々と夏が色濃く感じられ始めました。
筆者の住んでいる場所は住宅地ですが、近くからカエルの鳴き声が聞こえてきます。
田んぼや池などがある公園では、夜になると大合唱が始まっており、風情を感じます。

夜道に現れたカエル(情報技術課 M撮影)

お祭りなども徐々に再開し始めているので、今年はよりイベントを楽しめる夏になりそうですね。

5月28日(土)に日頃よりお世話になっております自衛隊さんのご厚意で、ヘリコプター搭乗体験に参加を致しました。
当社からは筆者を含め、3人参加致しました。


このような機会はめったにありませんので、招待していただいた自衛隊さんには感謝しかございません。

当然のことながら、ヘリコプターに乗るのは初めてでしたので、3人とも当日は非常にわくわくとした足取りで名寄駐屯地まで足を運びました。
加えて、筆者以外の2人は戦闘機や戦車など、軍に関するものが好きでしたので、駐屯地内に展示されていた戦車などを見る目がキラキラしていました。

迫力満点のヘリ

一方、筆者は若干緊張しながら搭乗を待機しておりました…
高所恐怖症ではないのですが、最悪な事態を想像してしまうクセがあります。

ですが、乗った後は、綺麗な景色と飛んでいるという体感への感動で、いやな想像も恐怖もすっかり忘れてしまうほどでした。

田んぼの情景はガラスのアートのようで圧巻でした。
水が張っているところは空を反射して煌めいている一方、田植えがされているところは緑になっていて、綺麗なコントラストになっています。

3人で記念にパシャリ。
ヘリコプターに搭乗するという体験から始まり(しかも自衛隊さんのヘリ)、普段は見れないような景色を堪能することができ、大変充実した1日でした。

自衛隊の皆さん、貴重な機会を本当にありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。