三津橋産業株式会社 タイトル
Wood_道産材タイトルバー

道産材辞典

北海道広葉樹
楢(ミズナラ) 樺 カバ マカバ ウダイカンバ
ナラ カバ
ブナ科コナラ属の木のうち、落葉性の広葉樹の総称。
道産広葉樹ではミズナラをさすことが多い。
高木で高さ25~30m、直径60~150cmになる。
成葉は厚く堅くて平滑。上面は鮮緑色で光沢があり、下面は淡色。
実は堅果で長楕円形、はじめ暗緑色、成熟すると暗褐色。
いわゆるドングリと称されるもののひとつ。
材は堅いが、加工は容易で木目が美しく、高級家具や器具材、床板などに用いられる。しいたけ原木としても利用される。
道産広葉樹の主要なもので重用されたが、現在は大径木は少ない。
北海道、本州、四国、九州、さらにサハリン、南千島、朝鮮などに分布するが、日本での代表的な産地は北海道である。
歴史的にミズナラの類がヨーロッパでは高級棺用材として珍重され、北海道からそのための厚板として古くから輸出されている。
カバノキ科カバノキ属
道産広葉樹ではカバといえばウダイカンバをさすことが多い。
高木で高さ25m、直径60cm以上になる。
北海道、本州、南千島に分布し、特に北海道に多い。
葉は広卵形で基部は深い心形。
心材は美しい淡黄褐色。
外観と加工性に優れ、建築材、高級家具材、楽器材などに使われる。
音調を狂わせないことからピアノのハンマーとして利用される。
白樺(シラカバ・シラカンバ) 櫤(タモ)
シラカバ タモ
シラカンバは温帯から亜寒帯地方に多く見られるカバノキ科の植物、落葉樹の一種。
その名の通り樹皮が白く、北海道に多く分布し、北海道内各方面のパンフレット等に多く登場する事から、エルムと並び、北海道を代表する木のイメージがある。
明るい場所を好み、成長が早い。
高さは20~30mになる。幹は30~1m程でまっすぐに伸びる。
風媒花であるため花粉症の原因にもなる。
北海道では、シラカンバ花粉症がスギ花粉症よりも多い。
材は木目が緻密で堅く、木目も美しいが、径の小さな物が多く、欠点も多いことから、民芸品加工やパルプ材としての需要が多かったが、近年、道産材としてその魅力が見直され、家具材や、家屋の内装に使われることも多くなった。
三津橋産業はいち早くその価値を見いだし道産材として流通させた。
ヤチダモ モクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹
高木で高さ20~30m、直径1mになる。樹皮は厚く灰白色で深く縦裂する。
葉は羽状複葉。小葉は対生、無柄またはほとんど無柄、長楕円状被針形、先端に向かって細く尖形。材は強く、弾力性に富む。
建築用、家具、内装材、スポーツ用具などに用いられる。
北海道、本州北、中部、また朝鮮、中国、樺太、シベリアに分布する。
道産材の代表的な木材の一つ。
また、野球のバット用材として有名な北米産のホワイトアッシュ:F.americanaは同類。
成長がよく、年輪幅が広いと重厚になり、成長が悪いと軽くなる。
成長のよいものは運動用具材に。成長の悪いものは家具材として重宝される。
栓(セン) 楡(ニレ・ハルニレ)
セン ニレ
ハリギリ-針桐 ハリキリ ヤマギリ、テングウチワ
ウコギ科の広葉樹
日本各地(北海道産が9割を占める)・朝鮮半島・中国等に分布
高木で高さ23m、直径1mに達する。暗褐色で深い縦の割れ目がある。
黒ずんだ褐色の色をしている木から取れる「オニセン(鬼栓)」と、木肌がなめらかな木から取れる「ヌカセン(糠栓)」に別れる。
鬼栓は加工には向かず、沈木に用いられる。
一方、糠栓の材は軽く軟らかく、加工がし易い為建築、家具などに広く使われる。
成長がよく、年輪幅が広いと重厚になり、成長が悪いと軽くなる。
耐朽性はやや低い。
環孔材で肌目は粗いが板目面の光沢と年輪が美しく海外でも人気がある。
色が白く、ホワイトアッシュに似る。
欅に似た木目を持つことから欅の代用品に使用され、その場合は着色した上で新欅・欅調と表記されることが多い。
材は木目が粗であることから加工しやすく、内装材、家具材、器具材などに用いられる。
家具や仏壇、下駄、賽銭箱や和太鼓の材として使用される。
ハルニレ、アカダモ
ニレ科の落葉高木 アカダモ、ニレ、エルム
ニレ(楡)はニレ科ニレ属の落葉樹と半落葉樹の総称である。
道産広葉樹では主にハルニレをさす。
高木で高さ30m、直径1~1.5mに達する。
北海道、本州、四国、九州、さらにサハリン、朝鮮、中国などに分布する。
葉は倒卵形で先端は尖形、縁は重鋸歯。樹皮は灰色を帯び、鱗片状に分離する。
湿ったような所に多く、平地でも見られる。木の姿は美しく、公園や庭園には植えられたものが見られる。材は重く、堅い。
家具、器具、楽器材などとして用いられる。
北海道針葉樹
椴松(トドマツ) 唐松(カラマツ)
北海道を代表するマツ科モミ属の常緑の針葉樹
北海道と千島列島南部、サハリン、カムチャッカにかけて分布する。
球果から種鱗が長く突き出るものがアオトドマツ、あまり突き出ないものをアカトドマツという2つの変種に区別される。
道内人工造林も多く、防風林などにも用いられている。
高木で高さ25~30m、直径60~90cmに達する。
辺材、心材ともに黄白色で木理が通直で加工は容易である。
主に建築構造材として使われ、器具、工芸加工にも用いられる
構造材としてエゾ松が主体の頃は、あまり需要が無かったが三津橋産業は早くからその可能性に目をつけ、いち早く商品化した。
道産トドマツといえば三津橋産業ともいえるほどの主力商品である。
種子植物門裸子植物亜門球果植物網球果植物門マツ科カラマツ属に属する落葉樹
東北、関東、中部にかけて分布するほか各地で人工造林が行われている。
道内でも道東を中心として、広く人工造林されている。
また防風林としても多く用いられている。
北海道では炭鉱が栄えた為、坑木利用の為に大量に植林された。
又、成長が早いことから住宅用材としての需要が見込まれ60年代にかけ多く植林された。
ヤニが多く艶の有る木目は経年とともに美しく映えるが、カラマツは本質的にねじれる性質(らせん木理)を持っている為若木である間伐材は無垢材としてハネ、ネジレが多く嫌われていた。
成木になると、らせん木理が穏やかになるが、人工林が成木になった現在でも無垢材としてよりも、集成材に加工して用いられることが多い。
近年注目される道産材のひとつである。
赤蝦夷松(アカエゾマツ) 蝦夷松(エゾマツ)
マツ科トウヒ属の常緑針葉樹
高さ40m、直径1mにもなる北海道の代表的な針葉樹
北海道を中心に岩手県、南樺太、南千島に分布する。
エゾマツに比べ樹皮が赤いのでアカエゾマツと呼ぶ。
又、北海道ではアカマツと呼ぶ場合がある。
かつては建築材としての需要が多かったが、近年資源の枯渇から楽器等高価な用途に使われるようになった。
材質が均等なことからピアノの響板としてよく用いられる。
環境により生育が遅くなることから庭木や盆栽に使われることも多い。
マツ科トウヒ属の常緑針葉高木
アカエゾマツと対比してクロエゾマツやクロエゾと呼ばれる。
高さ40m、直径1mにもなるアカエゾと共に北海道の代表的な針葉樹
千島列島、樺太、渡島半島以外の北海道、中国東北部、シベリア東部、カムチャツカなどに分布する。
防風林や公園樹、庭木として植えられるが、晩霜に弱く、虫害もあることから人工造林は少ない。
材は、木目が緻密で美しいことから建築用材として好まれていたが近年資源の枯渇から流通はすくない。又、パルプとしても最高品質として知られる。
アカエゾ同様ピアノの響板やヴァイオリンの甲板にも使われる。
アカエゾとエゾマツは北海道の木にも指定されている。
道南杉(ドウナンスギ)
杉はヒノキ科の常緑高木。ほぼ日本全土に分布する、日本特産の針葉樹である。
日本各地で植林され北海道では渡島、桧山に多く人工造林された。
その為北海道では特に渡島、桧山産の杉を道南杉と呼ぶ場合がある。
多くは道南で流通される。
日本では杉による花粉症の被害が多いのはよく知られているが北海道ではシラカバ花粉症が多い。しかし道南地区ではスギ花粉症も多い
樹形はふつう細長く直立し、高さ50 mに達するものもある。
材は針葉樹のなかでは軽軟らかい。建築材、家具、器具、造船など用途の範囲は広い。
杉は日本古来より建築物に多く使われてきた日本人になじみの木材であるが、杉の値崩れや、後継者不足から、日本各地で手入れをされぬまま放置されている人工林が多く、杉人工林の森林荒廃は全国的な問題といわれている。

参考文献・参考サイト

北海道広葉樹協議会 写真も提供していただきました。
ウッドプラザ北海道
ウィキペディア(Wikipedia)
北海道の森林植物図鑑樹木編 編集・発行 社団法人北海道国土緑化推進委員会
Copyright © MITSUHASHI & COMPANY.,LTD. All Rights Reserved.