三津橋産業株式会社 タイトル
Wood_アメリカ広葉樹タイトルバー

アメリカ広葉樹

広大な北米大陸は、温暖な気候から、冷涼な気候まで様々な地域を抱える故に、様々な樹種の温帯広葉樹材が産出されます。
又、生産量においても世界最大の広葉樹生産を誇ります。
その生産量の90%はアメリカ国内で消費されますが、近年、世界各地に輸出されるようになりました。
三津橋産業は、いち早くアメリカ広葉樹の良さに目を向け輸入外材の中心として位置づけております。
アメリカ広葉樹製材には100年以上の歴史を持つ全米広葉樹製材協会(NHLA)の定めた厳格な基準があり(以下NHLA基準)
グレード別に安定した品質の製材が供給可能です。

NHLA基準

FAS(First And Seconds)
長いクリアー材のとれる、高級家具、造作、無垢材モールディングに適した等級
幅6"以上、長8'以上の板で、表面に対するクリヤー材歩留りが83.1/3%~100%の物
クリアー材の最小寸法は幅4"長5'か幅3"長7'FAS等級材は、両材面とも最低要件を満たさなくてはならない。
FAS One Face(F1F)
良い片方の材面はFAS、もう片面がNo.1コモン(後述)の要件を満たす物
セレクト(Select And Better)
F1Fの内、板の最小寸法が、幅4"以上、長6'以上の物
プライム等級
輸出市場向けにFASから発展させた等級
Select And Betterの歩留まりを最低条件とし、外観を重視する。
コモンセルグレード
No.1コモンとセレクトから発展した等級
輸出市場用で、クリアー材の最低歩留りがNo.1コモン、あるいはそれをやや上回り、外見に優れることが条件。
注:プライム、コモンセルはNHLAの標準定義には含まれない
No.1コモンとNo.2Aコモン
No.1コモン(No.1 Common)
全米に普及している標準サイズのキッチンキャビネットドアに利用しやすい事から、アメリカではキャビネットグレードとよく呼ばれる。
最小寸法は幅3"×長4'で、表面に対するクリヤー材歩留りが66.2/3%~83.1/3%未満の物
クリアー材の最小寸法は幅4"長2'か幅3"長3'
両材面ともNo.1コモンの最低要件を満たさなくてはならない。
No.2Aコモン(No.2A Common)
家具部品として様々な用途に利用でき、価格も安いことから、エコノミーグレードとも呼ばれる。フローリング材としても多用される。
最小寸法は幅3"×長4'表面に対するクリヤー材歩留りが50%~66.2/3%未満の物
クリアー材の最小寸法は幅3"長2'
両材面ともNo.1コモンの最低要件を満たさなくてはならない。
※ NHLAについて詳しい情報はアメリカ広葉樹輸出協会にお問い合わせ下さい。

参考文献・参考サイト

アメリカ広葉樹輸出協会 写真もご提供いただきました。 ウィキペディア(Wikipedia)
Copyright © MITSUHASHI & COMPANY.,LTD. All Rights Reserved.