三津橋産業株式会社 タイトル
会社沿革タイトル
1930年 北海道雨竜郡幌加内町字添牛内において三津橋泰次郎により木材業を開始
1950年 三津橋木材産業株式会社 資本金200万円に組織変更。
本社を幌加内町朱鞠内に移転。木材業に加え土木建築請負業を開始
1967年 深川市多度志木材産業株式会社買収。資本金700万円広葉樹製材の生産開始
1969年 幌加内町に幌加内木材工業株式会社設立。資本金800万円。
広葉樹製材の生産・石油スタンド開設
1971年 士別市に株式会社三和設立。資本金3000万円。針葉樹製材の生産開始
1972年 大阪市に大阪支店開設
1973年 本社を士別市南町に移転。士別市に士別工場開設。広葉樹製材の生産開始。
士別市に株式会社サンメイ設立。資本金4800万円 。
フロアー単板、仕組単板。
突板単板の生産開始。国内販売と輸出の開始
1974年 南富良野町千葉林業株式会社買収。社名を南富良野木材産業に変更。
資本金2000万円。針葉樹製材の生産・造林造材業を開始。
富良野市島の下に幌加内木材工業株式会社のチップ工場開設。
チップ生産を開始。士別市に株式会社サンキョウ重機設立。
資本金800万円。車両・重機の修理販売を開始
1975年 三津橋木材産業株式会社 資本金5000万円に増資
1977年 三津橋木材産業株式会社代表取締役三津橋泰次郎死去により、三津橋貞夫が代表取締役に就任。
1979年 剣淵町士別チップ工業株式会社買収
石狩郡石狩町旭新産業株式会社買収。資本金1500万円。
広葉樹製材とチップ工場の生産、造林造材業務開始。
1981年 広島県府中市株式会社実乃利産業に資本参加。資本金4800万円。
三津橋産業株式会社のグループ企業として家具製材の販売を行う。(2006年 解散)
士別チップ工業株式会社を剣淵町より、中川郡音威子府村に移転。
社名を常盤木材工業株式会社に変更。資本金4800万円とする。
1982年 苫小牧市大成産業株式会社買収。資本金3000万円。
家具木取材、集成材用木取、FJ材の生産開始。
幌加内町に幌加内町並びに三津橋木材産業株式会社との合弁会社 株式会社幌加内町林産振興公社設立。
資本金3800万円。広葉樹製材の生産開始。(2003年 解散)
登記上の本社を幌加内字雨煙内4765番地の3に移す
三津橋木材産業株式会社朱鞠内チップ工場を幌加内町に移転。チップの生産を継続
1986年 旭川市永山町に旭川支店開設
1987年 社名を三津橋産業株式会社に変更。
1989年 大成産業株式会社に刈谷木材工業株式会社が資本参加。新資本金49800万円となる。
福岡県大川市に九州出張所開設
上川郡下川町北海道酪農木材工業株式会社買収。資本金4800万円。
針葉樹製材の生産開始
多度志木材産業株式会社を深川市より、幌加内町に移転。
社名を株式会社北海道オークに変更。広葉樹製材の生産を継続(2003年 解散)
1992年 北海道酪農木材工業株式会社に常盤木材工業株式会社を吸収合併し、社名を株式会社道北ミツハシに変更。
北海道酪農木材工業株式会社を株式会社道北ミツハシ下川工場
常盤木材工業株式会社を株式会社道北ミツハシ音威子府工場として
針葉樹製材、チップの生産を継続。新資本金9600万円
1994年 三津橋貞夫 第45回北海道林業年次大会において、林業功労者受賞。
1995年 幌加内木材工業株式会社と旭新産業株式会社を吸収合併。新資本金5662万円
石狩市に、札幌支店開設。同年プレカット工場開設
1997年 石狩市にパネル工場開設
1998年 札幌市に住宅課開設。
2003年 三津橋産業株式会社から土木建築部門を分割。
三津橋建設株式会社を設立。資本金5000万円
2004年 三津橋央が代表取締役社長就任
2007年 三津橋産業株式会社が㈱三和・㈱道北ミツハシ・㈱サンメイを吸収合併
2007年 三津橋産業株式会社旭川支店を永山3条8丁目より永山北2条9丁目へ移転
2009年 三津橋産業株式会社九州営業所を柳川市より佐賀市へ移転
2013年 三津橋産業株式会社幌加内工場の建屋、機械設備を更新

Copyright © MITSUHASHI & COMPANY.,LTD. All Rights Reserved.